Rebresta|リブリスタ

~きっと変わる‼~ダイエットや運動が続かない人へのメンタル管理術 20 Jul. 2022

こんにちは!
Rebrestaトレーナーの高橋です♪

今回はダイエットや運動が続かない人の考え方のクセを解説します。これらの考えに陥っていないか一度チェックしてみましょう!

「特定のバイアス(先入観)について学んだ人は、その直後からそのバイアスの罠にかかりづらくなり、正しい選択や判断ができる確率が高くなった」

という複数の観察研究があります。前回のも含めご紹介する心理やバイアスを知っておくだけで、多くの人が挫折してしまう罠を回避することができます。
ダイエットや運動を続ける上で強い武器になるのでダイエットや運動に行き詰った時にでも、是非見てください。

1,全か無か思考
成功か失敗か善か悪かなど白黒はっきりさせたがり、極端な判断をしがちで完璧主義になりやすい。
一つ失敗しても、それ以外の成功した部分があるはずです。
「やめてたお菓子をつい食べてしまった、、、自分はダメ人間だ」と考えるのではなく
「お菓子は食べてしまったけど、30分のウォーキングはできた」
など上手くいったことにフォーカスしていけば運動もダイエットも継続しやすいです。継続することができればかならず何かしらの結果が出てきます。お菓子を食べたからといってダイエットが失敗したわけではありません。自分にいいわけをしてダイエットを途中でやめてしまうことの方が問題です。目の前の失敗に一喜一憂せず継続することを一番大切しましょう。

2.一般化のしすぎ
一つの出来事を全てに当てはめて「いつも~だ」「すべて~ない」など部分を全体に広げて考えてしまう。
プールに一滴のインクが落とされただけなのにプール全体が汚染されたと思うような考え方です。例えばトレーナーに一つのミスを指摘されたとしてもあなたのやる気や人格まで否定されたわけではありません。だれでもミスはするものです。未来への改善策をトレーナーに考えてもらいましょう。余談ですがミスばかり指摘してくるトレーナーは個人的には契約解除した方がよいと思います。

 

3.すべき思考
「~すべき」「~しなければならない」などの考え方。理論的には正しいが、それに固執しすぎて弊害を起こす。「週3回は運動しなければならない」「糖質をとってはいけない」など「全か無か思考」同様に完璧主義になりやすい考え方です。理論的には正しくとも、その正しさを達成できない場合に自分やトレーナーを追い詰めてしまうことも。語尾を「~したほうがよい」に変えるだけで気持ちが楽になれます。

4.根拠なき推論
何一つはっきりした根拠はないのに決めつけて、否定的に物事をとらえてしまう。「昨日、寝る前にご飯を食べてしまった、、また太ってしまう。私はダメ人、、、」このような考え方になるまえに根拠を集めましょう。
夜遅くにご飯を食べても1日だけならほとんど影響はないので本当に太ったか体重をはかってみましょう。もし仮に増えていたとしても、今後の対策をしたり、少しぐらいなら誤差の範囲だと開き直ることもできます。

5.レイク・ウォビン効果
人は心理的に自分のことを平均以上だと考えています。これがこのレイク・ウォビン効果です。
「私は多少太っても健康だから大丈夫。」「運動なんかしなくても私はずっと元気でいれる。」
と思ってしまうのが人間です。日本人の3人に2人は生活習慣病で亡くなっています。現実を知り、自分の健康を過大評価せず、常に適度な運動をフィジカルマネジメントとして習慣化しましょう。

6.自己奉仕バイアス
「成功したときは自分の能力のおかげと思い、失敗したときは外的要因のせい」と考えてしまう心理のことです。こう思うことで多少のプライドは守れるかもしれません。しかし、自己の成長においては大きな弊害になります。ダイエットで失敗しても「トレーナーが悪い、仕事のストレスのせい」と言っていてはいつまでも成長しません。自分を責めすぎるのもよくありませんが、基本的には自分に責任がある、という「自責思考」で考えるといいでしょう。

7.サードパーソンチョイス
第三者として自分にアドバイスする。

「友人が同じようなことに悩んでいたら、自分はどうアドバイスするだろうか?」を考えてから決断をするというテクニックです。

「今、目の前にあるチョコレートを食べようか迷っている。仕事のストレスで感化され、お腹は空いてないけど衝動的に食べてしまいそう、、」
このように悩んでしまったときなどにそれを自分ごととして考えるのではなく「友人がこんな状況だったら何と言ってあげるだろうか?」と想像することで冷静な判断ができるようになります。特にダイエットにおいて、このような客観的に考える方法は非常に重要です。

8.シャーデンフロイデ
「他人がダイエットや運動を継続することを挫折していることを見て、安心していないでしょうか?」

「他人の不幸は蜜の味」といった言葉もあるように、人は他人が失敗している姿を見ることで自分が優位に立ったと勘違いしまいます。
一時の感情を癒すことよりも、「今、自分が出来ることは何か?」など自分の目標に近づくことを考えることが大事です。その場限りの癒しを求めるのはやめましょう。ぜひ注意してみてください。

いかがでしたでしょうか?当てはまる項目があったなら考え方を修正してまた前に進んでいきましょう♪

Rebrestaでは体幹トレーニングを主に行い身体の土台から変えれるようなアプローチをしています。
また腰痛や肩こりといった慢性痛を根治させる方法もアドバイスさせていただきます。対処療法ではなく根本的に慢性痛が起こらないような身体作りや身体の使い方を中心にトレーニングプログラムを作成させていただきます。

ぜひ1度体験レッスンにお越しください。

ご予約はこちらから↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000571588/?vos=cpshpborgmail140324001

トレーニングはいつから始めても遅くはありません!

あの時やっておけばよかった…

もっと早く気づいていれば…

さあ、一歩踏み出してみましょう‼

人はいつからでも輝ける!100歳元気で動けるカラダを…目指して‼

https://instagram.com/taikanmonster?utm_medium=copy_link

※体幹モンスターInstagram参照

今日から始める体幹トレーニング・・・初めての方へのおすすめの体幹トレーニング

体幹モンスターからの挑戦状・・・トレーニングに慣れた方への体幹トレーニング

カラダ再起動REBOOT・・・姿勢・歪み改善のエクササイズ

問合せ – Rebresta|リブリスタ

 

ゴルファーのための飛距離アップトレーニングとは⁈ 13 Jul. 2022

ゴルファーのための飛距離アップトレーニングとは⁈

生涯スポーツとして長く続けることのできるゴルフの魅力の一つは飛距離です!飛距離アップのために練習に行ってフォームチェックや、何百球…数の打ち込みは欠かせないものと思います。もちろん遠くに飛ばせばいいという競技ではないので、狙ったところに飛ばす技術も必要になってきますが、ここでは体幹コンディショニングのトレーニ生ングで、今の状態での自分の身体の使い方をもっと動ける身体に変え体幹を再起動させることで、ゴルフの競技に対する特異的なパフォーマンスアップ(飛距離アップ)を目指しましょう‼

体幹の回旋可動域拡大で飛距離アップ⁈

体幹の機能のなかで、体幹の回旋運動は下半身から生み出される力を上半身に伝えるのに重要な役割を担います。その体幹の回旋可動域が広がると発揮されるパワーが上がり、その発揮されるパワーに耐える体幹の安定性を身につけることで、飛距離アップ、フォームの安定に繋がります!

リブリスタ体幹コンディショニングとは、体幹の可動性・安定性・機能連動性と3つの働きを起動させることでスキルアップのための土台が完成します。その中でまずは可動性です。体幹の可動性とは、①丸める・反らす(前後)②横に倒す(左右)③捻る(回旋)です。この3つの動きを組み合わせて動かすことで機能します。その中でパワーを生み出す動きが捻り(回旋)運動になります。

ただ回旋運動はただ捻ればいいわけではなく、無理なく動かせる回旋可動域を広げることと、その捻りから生み出されるパワーに耐える体幹の安定性を身につける必要があります。

それでは、その体幹の回旋可動域を広げるためのエクササイズと発揮されるパワーに耐える体幹の安定性を身につけるエクササイズをご紹介いたします。

体幹の回旋可動域拡大のエクササイズ

①立位、足幅は肩幅程度、両手を頭の後ろに添えて右に体を捻ります。どれくらい振り向けるかbeforeの確認してみましょう

②体を右に捻ったらそこから左の横に体をたおします。それを元に戻します。これを5回無理なく繰り返します。

③6回目からは同じ動作で1回ずつ振り向く可動域を意識的に広げながら行います。10回行いましょう。どんどん可動域が拡大するのがわかります。

④最初に捻った可動域と比べてみましょう。afterの確認をします。

※左に捻る場合はその反対の動きで、体を左に捻ったら右の横に体をたおします。

アンチローテーショントレーニング

回旋の可動域が広がって生み出されるパワーが上がったら、その回旋時に体幹を固定する能力が必要になってきます。(体幹の安定性)その能力をアンチローテーションといいます。

ゴルフの場合、テイクバックに体を回旋する時もインパクトの瞬間も、この固定する能力がないと軸がブレてしまい体が突っ込みやすくなってしまいます。

体が突っ込むと下半身からのパワーを出し切る前に上半身の力に頼ってパワーが生み出せなくなり、自分ではすごく力が入っているつもりでもパワーは伝わらずエネルギーロスになります。そのため体幹を固定する能力アンチローテーションを身につけましょう!

発揮されるパワーに耐えるアンチローテーションエクササイズ

①脚を縦に大きく開いて両手でゴムチューブを持ちます。

②後ろの脚(膝)を下げると同時に、ゴムチューブを前に出した脚の方向に引っ張ります。体を捻ってひっぱるんではなく、胸は正面に向けたままで引っ張りましょう。

ぜひ1度体験レッスンにお越しください。

ご予約はこちらから↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000571588/?vos=cpshpborgmail140324001

トレーニングはいつから始めても遅くはありません!

あの時やっておけばよかった…

もっと早く気づいていれば…

さあ、一歩踏み出してみましょう‼

人はいつからでも輝ける!100歳元気で動けるカラダを…目指して‼

https://instagram.com/taikanmonster?utm_medium=copy_link

※体幹モンスターInstagram参照

今日から始める体幹トレーニング・・・初めての方へのおすすめの体幹トレーニング

体幹モンスターからの挑戦状・・・トレーニングに慣れた方への体幹トレーニング

カラダ再起動REBOOT・・・姿勢・歪み改善のエクササイズ

問合せ – Rebresta|リブリスタ

 

トレーニングを習慣化するメリット~継続こそが身体を変える?!~ 13 Jul. 2022

こんにちは!
Rebrestaトレーナーの高橋です♪

トレーニングを行うメリットは数え切れないくらいありますが、ビジネスマンがトレーニングを行うメリットを様々な観点から解説します。これを読み終わる頃には筋トレをしたくてたまらなくなっていることでしょう!

トレーニングを習慣化することで得られる具体的なメリット

・基礎代謝が向上する

筋トレを習慣化すると筋肉量が増えます。それに伴い基礎代謝量が向上します。基礎代謝量は眠っている時や座ってデスクワークしているときなども生命活動を維持するために必要な体温維持や呼吸などを行うために消費させるエネルギーです。筋肉量が多くなると身体の中で熱を生み出す力が強くなるので、筋肉量が少ない人に比べてエネルギーが多く消費され瘦せやすく、太りにくい身体になります。

・肩こりや冷え症を改善

肩こりや冷え症の原因は筋肉の癒着と血行不良です。筋トレを習慣化すると継続的に筋肉を動かすことになるので筋肉の癒着が起きにくくなり、全身の血行も良くなります。筋肉を動かすと身体も温まり、毛細血管も発達して冷え症やコリも改善します。

・姿勢がよくなり見た目も美しくなる

トレーニングをする時はお腹を引き上げたり胸を張ったりと姿勢を保持しないとフォームが崩れてしまいます。トレーニング中は自然と姿勢を保持する筋肉を使うので継続すれば姿勢がよくなります。また筋肉量を増やすことでスタイルアップにもなり見た目も綺麗になります。

・睡眠の質が向上する

2017年にマックマスター大学がレジスタンストレーニング(筋トレ)と睡眠に関する13もの研究報告をまとめたレビューによると「レジスタンストレーニングは睡眠の質を高める」というシンプルな結論を報告しています。その理由としてトレーニングを行うと睡眠中の体温が上昇することがわかっていて、この体温の上昇が深い睡眠を誘発させると推測されています。また2005年の報告ではトレーニングによる心拍数の増加が迷走神経を活性化させ、睡眠時の心拍数が低下することによって睡眠の質が改善されると報告されています。さらに、トレーニングは不安を解消することがわかっていて、このような気分の改善が睡眠の質を高めることも示唆されています。

 

トレーニングを行うと分泌されるホルモン

・マイオカイン
トレーニングで筋肉を刺激すると筋肉から様々なホルモンが分泌されますが、マイオカインはその総称です。これまで報告されているのは糖や脂質代謝を促し、脂肪肝を改善、大腸がんを予防、認知症予防に貢献することが分かっています。マイオカインの数は数十種類あることがわかっているので、これから新しい効果も出てくるかもしれません。

・成長ホルモン
成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで
骨・筋肉の成長を促進、修復、肌の再生、疲労物質の排出、タンパク質の合成、脂肪の蓄積を抑え、燃焼を促進させる
などの役割があります。加齢とともに成長ホルモンの分泌は低下しますが、筋トレを行うことで血液中の成長ホルモン濃度は200倍まで増加することが報告されています。

・セロトニン
セロトニンは精神を安定させ、幸福感・心地よさを得られることから「幸福ホルモン」と呼ばれています。日常的に受けるストレスにより分泌量が低下します。低下するとうつ症状、不眠症を起こすリスクが高まります。セロトニンは一定のリズムで筋肉を動かすことで分泌量が高まります。

このように筋トレは病気の予防や見た目だけではなく、メンタルにもよい変化をもたらします。筋トレを習慣化すれば生活に数え切れないほどの恩恵が得られると言っても過言ではないでしょう。

Rebrestaでは体幹トレーニングを主に行い身体の土台から変えれるようなアプローチをしています。
また腰痛や肩こりといった慢性痛を根治させる方法もアドバイスさせていただきます。対処療法ではなく根本的に慢性痛が起こらないような身体作りや身体の使い方を中心にトレーニングプログラムを作成させていただきます。

ぜひ1度体験レッスンにお越しください。

ご予約はこちらから↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000571588/?vos=cpshpborgmail140324001

トレーニングはいつから始めても遅くはありません!

あの時やっておけばよかった…

もっと早く気づいていれば…

さあ、一歩踏み出してみましょう‼

人はいつからでも輝ける!100歳元気で動けるカラダを…目指して‼

https://instagram.com/taikanmonster?utm_medium=copy_link

※体幹モンスターInstagram参照

今日から始める体幹トレーニング・・・初めての方へのおすすめの体幹トレーニング

体幹モンスターからの挑戦状・・・トレーニングに慣れた方への体幹トレーニング

カラダ再起動REBOOT・・・姿勢・歪み改善のエクササイズ

問合せ – Rebresta|リブリスタ

 

膝の痛みに悩まされている方必見!~膝痛の根本的な解決方法~ 22 Jun. 2022

膝痛の根本的な解決方法とは⁈

こんにちは!
Rebrestaトレーナーの高橋です♪

膝の痛みの原因は様々ですが、よく起こる原因として膝のねじれがあります。膝のねじれは変形性膝関節症や鵞足炎などの慢性疾患の原因にもなります。膝のねじれは大腿骨が内側を向き脛骨は外側に向いた状態です。

 

チェック方法としては鏡の前でつま先を正面に向けて、立った時に膝のお皿が過剰に内側を向いていると膝がねじれている可能性が高いです。この状態で歩いたり階段を昇り降りしていると膝にストレスがかかり膝のねじれも酷くなっていきます。ねじれた状態で歩くと、つま先は外側を向きながら歩くことになるので足首も歪み可動性が低下します。足首の可動性の低下は膝にストレスをかけます。また、つま先が外側を向いて着地すると土踏まずを潰しながら歩くことになるので土踏まずは潰れてクッション性が失われ、膝のストレスは増加して外反母趾の原因にもなります。

ねじれがない足は膝のお皿の真ん中の垂直線上につま先の第2趾、第3趾があるのが理想です。

一度チェックしてみてはいかがでしょうか。膝のねじれを改善させるためには専門的な運動療法がお勧めです。

膝痛にサプリメントは有効か?

お客様の質問で
「膝が痛い時にサプリメント飲んだら効果がありますか?」
と聞かれることがあります。おそらく軟骨に含まれているグルコサミンとコンドロイチンを摂取するサプリメントだと思われますが、有効とされているエビデンスがあるのはコンドロイチンだけです。グルコサミンははっきりとしたエビデンスは今のところありません。

また軟骨には神経がなく軟骨が原因で痛みが出ているのかも疑問です。実際にレントゲンで軟骨が擦り減っていても膝の痛みがない人もいます。痛みの原因は軟骨だけではないということです。根本的な原因は膝に負担がかかっていることが原因なので、過体重の方は体重を減らしたり、膝にストレスがかかる姿勢や身体の使い方を改善していった方が個人的には早く良くなると思います。

膝が痛いのは膝の筋力低下が原因か?

これもよく聞かれる質問ですが、膝が痛いのは膝の筋力が低下して膝が痛くなっていると思っている方がいます。これは3割正解で7割間違えです。なぜかというと、膝が痛くなるのは根本的には膝に過剰なストレスがかかっていることが原因なので、膝が痛い時に筋トレをすると余計にストレスを与えてしまい膝痛が悪化するリスクが高くなります。膝が痛い人で医者に「膝に水が溜まっている」と言われた方がいると思いますが、これは滑液といって膝に炎症が起きると増加します。膝にストレスを与えると滑液が増えて膝痛が悪化するリスクがあります。滑液が溜まっているということは膝関節に炎症が起きるほどのストレスがかかっている証拠なので、まずはそのストレスを根本的になくすことのほうが大切です。

筋トレを行うなら膝を直接動かす筋トレを行うのではなく、膝の安定に関わる股関節を主に動かす筋トレを行う方が安全で効果的です。

Rebrestaでは体幹トレーニングを主に行い身体の土台から変えれるようなアプローチをしています。
また腰痛や肩こりといった慢性痛を根治させる方法もアドバイスさせていただきます。対処療法ではなく根本的に慢性痛が起こらないような身体作りや身体の使い方を中心にトレーニングプログラムを作成させていただきます。

ぜひ1度体験レッスンにお越しください。

ご予約はこちらから↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000571588/?vos=cpshpborgmail140324001

トレーニングはいつから始めても遅くはありません!

あの時やっておけばよかった…

もっと早く気づいていれば…

さあ、一歩踏み出してみましょう‼

人はいつからでも輝ける!100歳元気で動けるカラダを…目指して‼

https://instagram.com/taikanmonster?utm_medium=copy_link

※体幹モンスターInstagram参照

今日から始める体幹トレーニング・・・初めての方へのおすすめの体幹トレーニング

体幹モンスターからの挑戦状・・・トレーニングに慣れた方への体幹トレーニング

カラダ再起動REBOOT・・・姿勢・歪み改善のエクササイズ

問合せ – Rebresta|リブリスタ

 

 

ボディメイクの筋トレはやり方が大事~そのやり方間違ってませんか?~ 07 Jun. 2022

筋トレを始める方へ

筋トレを行う目的として「かっこいい身体になりたい!」「綺麗な身体になりたい!」と思って筋トレを始める人は多いのではないでしょうか?

かっこいい身体を競うボディコンテストなどの出場者の方は綺麗な逆三角体型をしています。出場者の方のトレーニング風景などSNSでの投稿を見てみると、重たいウエイトを持ち上げてトレーニングしている様子を動画や写真などであげているので、こういう身体になるためには重たいウエイトをもってトレーニングすればいいと考えると思います。

 

しかし、トレーニング初心者の方がいきなり重たいウエイトでトレーニングすると体型が変わる前にケガをしてしまうリスクが高くなってしまうのです。最初は自分の体重を利用して行う自重トレーニングや軽いウエイトでフォームを覚えることや、どの筋肉を使って動いているのかを意識・理解することからスタートします。まずは関節を安定させるインナーマッスルから刺激をして骨格を支える体幹を機能させながら徐々に身体を慣らすやり方がお勧めです。

また、インナーマッスルを鍛えることで、身体の内側から整えていくことができ姿勢もよくなるので、結果的に綺麗な身体を早く手に入れることができます。いくら重たいウエイトでトレーニングしても姿勢が猫背のままであれば筋肉をつけても綺麗な身体には見えないでしょう。かっこいい身体や綺麗な身体を目指すのであれば軽いウエイトから始めてトレーニングフォームを覚えて姿勢をよくすることから始めましょう。

自重トレーニング

①スクワット

スクワットは筋力トレーニングの中でも最も代表的なエクササイズです。器具がなくても手軽にできる自重トレーニングで、下半身の筋肉を鍛えます。人間の身体は上半身と下半身を分けた時に7割近い筋肉量が下半身にあると言われています。スクワット一つのトレーニングで動員する筋肉の数が多く、運動による活動代謝を上げることができます!さらにフォームを正しく安定させると、正しい姿勢を維持するために体幹が働くので、骨格を引き上げスタイルアップの繋がります!

②ステーショナリーランジ

ステーショナリーランジは下半身のトレーニングというよりは、上半身と下半身を繋ぐ唯一の筋肉”大腰筋”を機能させるエクササイズです!縁の下の力持ちともいわれる姿勢保持筋で体幹の骨格を支える筋肉(骨盤位置を引き上げる筋肉)を鍛えることができます。よく美尻トレーニングでお尻の筋肉(大臀筋・中臀筋)を鍛えるエクササイズを見かけますが、大腰筋が機能しないとお尻は上がらないので、特にヒップアップしたい方にはステーショナリーランジがおすすめです!

ダイアゴナルバランス

ダイアゴナルバランスは四つん這いの状態から対角線上の手と脚を伸ばして、不安定な状態で身体のバランスをとるですエクササイズです!バランス感覚は脳からの運動神経伝達で、日常生活の動きがより活発になります。トレーニングをしている時間以外にも普段の動きが変わることで動きやすい身体を作ることが期待できます!

股関節の開脚可動域は開くほど身体の良い?

また、お客様によくいただく質問で
「開脚は180度ひらいた方がいいんですか?」と聞かれることがあります。結論からいえば180度ひらかなくて大丈夫という答えになります。股関節の可動域としては90度開脚できれば問題はなくて、120度開けば十分です。逆に過度な柔軟性は関節の不安定性を起こしてケガの原因になる可能性があります。

柔軟性を上げるほどそれと同じくらいに筋力と安定性が必要になります。身体の構造的に可動性と安定性のバランスがよいほどスポーツパフォーマンスが向上し、ケガのリスクは低下します。

質の高いトレーニングプログラムは安定性と可動性をバランスよく高めていくプログラムを組むことをお勧めします

リブリスタのパーソナルトレーナーは、お客様一人一人と真剣に向き合って、悩みに対して問題解決に全力でサポートしたいと思っています!

ぜひ1度体験レッスンにお越しください。

ご予約はこちらから↓

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000571588/?vos=cpshpborgmail140324001

トレーニングはいつから始めても遅くはありません!

あの時やっておけばよかった…

もっと早く気づいていれば…

さあ、一歩踏み出してみましょう‼

人はいつからでも輝ける!100歳元気で動けるカラダを…目指して‼

https://instagram.com/taikanmonster?utm_medium=copy_link

※体幹モンスターInstagram参照

今日から始める体幹トレーニング・・・初めての方へのおすすめの体幹トレーニング

体幹モンスターからの挑戦状・・・トレーニングに慣れた方への体幹トレーニング

カラダ再起動REBOOT・・・姿勢・歪み改善のエクササイズ

問合せ – Rebresta|リブリスタ

 

 

 

リブリスタ Gym
〒550-0015 大阪市西区南堀江2-13-29
La・Vita Minamihorie 101
TEL.06-6537-7773 FAX.06-6537-7791

営業時間/10:00~22:00